その職務に採用されるには多くの要因があります。経験や資格だけではなく、どのようにあなた自身をパッケージ全体として表現するかです。個性や文化的適合性、およびその他多くの要因により、雇用者は数百人から1人に絞ります。

資格や経験が、最初の選定に大きな役割を果たしますが、面接は新しい同僚になるかもしれないあなたがどんな人であるかを知るために意図されています。面接をオファーに変えるには、次の4つの点に留意してください。

履歴書には経歴を単に書き連ねず、あなたが行なってきた事を掘り下げて説明する

最初に尋ねられる質問の1つは、「なぜあなたはベストな候補者ですか?」です。これは簡単な質問に聞こえますが、実際ほとんどの候補者のインパクトが最も弱くなる部分です。現在と過去の責任を暗唱し、統計を吐き出すのに戸惑うのは簡単ですが、それでは何の利点もありません。面接官は履歴書に書いてあることは知っているので、あなたが行なってきた事を時間をかけて掘り下げて説明してください。

あなたの経験がその応募している職務にどのように変換されるかを、説明におり込んで、面接官をそのストーリーの旅に連れて行きます。ストーリーで伝えるのは、あなたの言葉に聞く側を引きつける最も強力なコミュニケーション方法の1つです。統計について話すときは、「x、y、zを実行することで結果が得られた」と言って、それらを達成するために行なった手順を説明します。

将来の雇用主に、あなたが具体的に貢献できることで、他者にはできないものを伝える

これはあなた自身について自慢するところです- 正しい方法で。あなたが伝える事すべてを修飾する必要があります。各ポイントに理由を付け加える観点から考えてください。他の候補者からあなたを引き離す特定の事柄について、できるだけ詳細に話すのです。職場に付加する価値を彼らに示してください。あなたの最高の特徴を話し大胆に自己宣伝します。ここはあなたが輝く時なので、差し控えないで下さい。

注意すべき言葉- これら2つのフレーズは避けましょう:

「私はこの分野で最高だ」と「私のように献身的な人材は他に見つかりませんよ!」です。

自己宣伝が難しいと思う場合は、面接を公演であるかのように考えてください。あなたは俳優で主役を演じています。言いたいことを思いつくのに苦労するなら、一歩下がって、自分ではなく親友の業績について話しているのだと想像してみてください。自分自身のことよりもアピールするのが簡単なので、自分を騙して恥ずかしさを乗り越える最適な方法です。

あなたがチームプレーヤーであり、学ぶ意欲があることを証明する

面接官は、あなたが同僚とどのように仕事をしていくのか、あるいは学びたい意欲があるのかどうかを直接尋ねることは決してしません。面接官は面接全体を通して、これら2つの兆候を聞いています。あなたの特性の決定も同じです。性格特性を識別するほとんどの質問は、決してクリアに尋ねません。あなたが経験のストーリーを話す間、彼らに働きかけ、ストーリーを語る事ができるどんな質問にでも答えてください。

自分がチームプレーヤーであることを証明するための、現在の責任について説明するとき、プロジェクトで共同作業した時期について話しましょう。達成したことについて話し、新しいスキルを学ぶ事をどれだけ楽しんでいるかを示すのです。真の学習意欲を示すことは、候補者が持つ最も魅力的な資質の1つだからです。すべてを知ることを期待されていないので、しようとしないでください!自分は全ての必要な知識を持っているとやってくる候補者は、多くの場合、不採用通知を受け取る候補者です。

皆に敬意を表す

面接官と部屋にいるときだけでなく、あなたの行動のあらゆる部分について判断されます。 面接前から終わった後もです。時間どおりに着きましたか?どのように受付係を扱いましたか?ドアマンには?ロビーにいた仲間候補者には?面接の部屋を出た後、何をしましたか?誰かが常に注意を払っています。あなたは最も有能な候補者になり得ますが、人々を横柄に扱うなら仕事を得ることはできないでしょう。

無礼の兆候を見せれば即座のレッドカードが上がり、あなたの履歴書を「ノー」の山に送るでしょう。他人に敬意を示せるようになる必要があります。そこの文化に合ったものかどうかを判断するには、自分の性格を考慮する必要があります。そのため、行動は言葉よりも雄弁です。