「微笑みの国」タイ王国は、楽しみを探している観光客や、チャンスを探している専門家の両方にとって魅力的な国です。しかしタイには、国内での旅行や居住に関する多くの規制があり、外国人が入国する場合は、ビザを取得する必要があります。タイはまた、特定の外国市民はビザ無しで短期間滞在することを認めた双方向協定の締約国でもあります。タイには、外国人が働くための労働許可を申請できる規定もあります。

入国ビザ

タイのビザと労働許可に関する法律と規制は広範囲にわたり、入国管理局は新しい状況や方針に適応するために、頻繁に規制を改訂しています。さらに、タイ大使館および領事館には、それぞれ異なる方針があるのです。

内務大臣規則に従いタイ政府と合意した国の外国人は、両国間で合意された期間に従ってタイに滞在することが許可されるます。42カ国からの外国人および香港特別行政区は、ビザなしでタイに入国し、1回の訪問につき30日間滞在することができます(「ビザ免除」)。ただし、最初の入国日から数えて、6ヶ月以内の滞在期間の合計は90日を超えてはいけません。

入国を希望する観光客は、在タイ王国大使館または領事館で観光ビザを申請しなければなりません。観光ビザは最大60日間(国籍によって異なる)、観光目的のみのためであり、(国籍によって)さらに30日間延長することができます。

タイで仕事をする、またはビジネスを営むことを希望する外国人は、非移民Bビザを申請する必要があります。このビザは、海外の大使館または領事館によって発行されるかもしれません。このビザにはさまざまな種類があり、すなわち、30日間の滞在を許可された単一入国ビザと、1年間発行され、90日間のみ滞在を許可された複数の再入国ビザです。いわゆる「ビザラン」が必要です。非Bビザは、タイで事業を行う外国人または雇用のために発行されます。

又、結婚、退職、外交上の地位などに基づいてタイに滞在することを許可する、他の様々な種類のビザがあります。

1年間のビザを取得する(ビザ延長)

外国人がビザを必要とせずにタイに1年間の一時滞在をする許可(タイの入国管理局が発行する「ビザ延長」)の考慮事項では、以下の規則に従うものでなければなりません:

1.その外国人は、非移民ビザを持っていなければならない。

2.その外国人は、50,000 THB(ヨーロッパ、オーストラリア)、60,000 THB(日本、カナダ、アメリカ)、45,000 THB(韓国、シンガポール、台湾、香港特別行政区およびマレーシア)、35,000 THB(アジアおよび南アメリカ)の収入を持っていなけれなならない。

3.雇用主は、200万THB以上の登録資本金を有していなければならない。

4.雇用主は、財務状態が良好であることを証明するために、公認会計士の監査を受けた昨会計年度の貸借対照表を提出していなければならない。貸借対照表の株主資本の合計は、100万THBを下回ることはない。

5.雇用主は、公認会計士の監査を受けた損益計算書を提出している必要がある。(期末日は貸借対照表上の同じ日でなければならない) ビジネスがすべての外国人従業員の給料を支払うために必要とされる合計金額を下回ってはならない。

6.雇用主は、外国人を雇うことを要求される。

7.雇用主は、タイの正社員4人当たり1人の外国人雇用の比率を持っていなければならない。

現在の入国管理法では、外国人が90日を超えてタイに滞在する場合、入国管理局に通知しなければなりません(「90日の報告」)。この規則は、外国人が1年間のビザを取得した後も適用されます。この90日の期間は、外国人が最後に入国管理を通じて確認した日付から計算されます。

もっとタイのビザについて知りたい方は「タイビザの種類とビザの取得方法」(リンク先:キャリアリンクタイランド)をご参照ください。