Pol Gen Adul Sangsingkeo労働大臣は、就労許可を申請できるスマートフォンアプリが、移住労働者を含み拡張されていると述べました。

アプリであるタイ・デジタル就労許可証は、昨年、外国人居住者向けに初めて導入されたものです。

アプリは、取締役会投資局(BoI)、労働省、および入国管理局によって共同で開始された「シングルウィンドウ」として知られているプロジェクトの結果です。

それは貿易と投資を強化するためのBoIによって促進された企業の、外国人従業員が利用可能となりました。

登録するには、外国人従業員はまず3つの就労許可センター- バンコクのChamchuri Square、Chiang Mai、PhuketのBoI支局で、ユーザー名とパスワードを取得する必要があります。

従業員は一度詳細を受け取れば、アプリを介してリクエストを送信できます。要求が承認されたあとは、これらのセンターに再度報告する必要があり、当局は申請者の写真を撮り、デジタル署名を得ます。所要時間はほんの数分だとセンターは説明しています。

アプリはiOSとAndroidの両方で利用可能です。このシステムを通して、職員はQRコードをスキャンし、オンラインデータベースで身元やその他の詳細を確認し労働者をチェックすることができるのです。

外国人従業員は、ユーザーIDとパスワードを使用し身元を確認させると、アプリにアクセスすることができます。確認は、指紋または顔認識を使用して行うことができます。同大臣は来年、拡大する投資に対応できるように、Rayong、Chachoengsao、およびChon Buriの3つの東部州からなる東部経済回廊に、さらに就労許可事務局を置くと述べ、BoIが推進している企業は現在22,753社あり、従業員数は83,000人を超えていると付け加えました。

海洋漁業の労働者不足に取り組む同大臣によると、これまでに7,671人の事業者が22の沿岸州のワンストップサービスセンターで、労働者を見つけるための登録をしています。そのうち、Pattaniの1,945人のオペレーターは労働者の需要が最も高く、続いてChumphonの959人のオペレーター、オペレーターは12月2日まで登録ができるということです。

12月3日から来年の1月31日まで、5つの州機関が協力して、労働者の文書を処理します。州管理局は労働者の経歴を記録する一方、労働保護福祉省は、雇用主と従業員の間の労働契約を審査する責任を持ちます。

雇用省は労働者の目のスキャンを行い、入国管理局は労働者の旅行書類にビザスタンプを押します。これは1年間有効となります。