時には、外国人居住者が別の国よりも、ここを選らぶ本当の理由を特定するのはほぼ不可能です。タイの現在の外国人人口は減少しつつあり、少々不可解な方へと向かっています。

タイの外国人居住者フォーラムではしばしば、サイトのポスターが、なぜ彼らの家を、もっと納得しやすい国ではなく、タイに決定したのかの理由に集中しています。返答は明白なものと非合理的なものの間で異なり、そのため決定の基盤となる点はほとんど検討されていません。確かな事の1つは、この10年間で人気の固定観念はあまり変わらなくても、さまざまなタイプの外国人スタイルが、タイではるかに広まっていることです。

英字新聞のThe Thaigerに掲載された最近の記事は、さまざまな外国人居住者のタイプを分類していました。その一つに、母国で高価な離婚劇を味わった孤独な男性たちが、完璧な妻を見つけようと野心を持ってタイにきたというものでした。愛を見つけることが動機です- タイの女性が西洋人女性より従順であることを期待しているのです。言うまでもありませんが、希望は永遠に湧きますが、普通は常識と白昼夢に基づいています。

バンコクは、都市を拠点に国際企業と協力して高給で働く在外専門家の中心地です。エリートとのネットワーキング、高級物件の購入、そして希望しているタイ人を雇うことが、成功への道です。しかし、彼らは決して門の外で本物のタイに入っていく事はなく、タイ国民の生活を意識することなく、特権的な生活を続けています。起業家は、自分の考えや能力に応じて努力してきたので、いくぶん良くなりました。しかし、中小企業を大企業にすることは、主に非論理的で制限的なビザと就労許可規則のため、「微笑みの国」タイではほぼ不可能です。

ごく最近まで、タイで引退し長期滞在する事が好ましい方法だと、数え切れないほどのインターネットサイトが、ポンドやドルではなく、ペニーでの暮らし方について紹介していました。結果として、国内の退職者は現在、かなりの割合で外国人居住者が占めています。

天候、生活費、外国人居住者を迎える地域社会は完璧な退職先として、「微笑みの地」の夢は本物のように思えました。しかし、ビザの必要条件が高まるにつれ、またバーツの強化と同時に生活費が上昇しているため、現在は急速に減っています。例えば、英国の州年金から離れるのも可能でした- 今はそうではありません。

タイで英語を教えることは、TEFL資格だけでビザ取得は簡単であり、教育資格や経験については誰も尋ねないので、発展途上国で暮らすすべての利点を得る簡単な方法です。チェンライは引退後の生活には美しく快適な場所です。あなたが自然愛好家で、静かでゆったりとした生活を望んでいるなら。

チェンライは信じられないほど安いです。 言うまでもありませんが、食べ物はおいしく、天気は素晴らしく、涼しくて、人々は良いです。チェンライでの引退生活は、バンコクより平和で静かです。

今日では別の話になっていますが、タイの子供たちは魅力的で笑顔で、明らかに外国語での指導から恩恵を受けることは殆どないのです。中国語の習得は今や好ましい親の選択肢となっており、中国語の流入はすぐに無くなることはないでしょう。今までであれば、多くの外国人英語教師は、中国本土で教えるためにタイを離れました。